Highland 2000/ハイランド2000のニットキャップのレビュー【ニット帽の大定番】

腕時計・アクセサリー


寒い冬に被りたくなるニット帽ですが、今回はその中でも大定番であるハイランド2000のボブキャップをご紹介させて頂きたいと思います。

高品質なイギリス製でありがながら価格も抑え目で、非常にコストパフォーマンスの高いアイテムとなっています!

イギリスの老舗ニットメーカーである/ハイランド2000とその魅力的なニット製品について

ハイランド2000の歴史とその製品の特徴について

引用;https://item.rakuten.co.jp/francis-bean/10002612/

ハイランド2000は創業から100年以上もの歴史を誇るイギリスの老舗ニットメーカーであり、今なお全ての製品の生産をイギリスのノッティンガムにある自社工場で行っています。

その最大の特徴は、ハンドフレーム手法と呼ばれる人の手で編み機を作動させる昔ながらの製法で、一つ一つの製品を丁寧に製造している点です。

また、このハンドフレーム手法は同社のウィリアム・リー氏によって発明された製法であり、当時この発明は英国のウール産業全体に大きな影響を与えたそうです。

ハイランド2000の二点目の特徴としては製品全てに天然素材を用いていることであり、中でもウールは英国羊毛公社の認証を得た厳選されたブリティッシュウールを使用しています。

ハイランド2000の豊富なアイテム展開について

現在ハイランド2000ではニットキャップ、マフラーや手袋などのニット小物を主力としているようで、ニットキャップは大定番商品となっています。

また、ニットキャップと一口に言ってもハイランド2000では様々なデザインのニットキャップを販売しており、その中でも定番と呼べるのがBob Cap/ボブキャップというやや深めのニット帽になります。

(Bob Capより浅めのBobby Capというモデルも存在しています。)

さらに、ボブキャップの中でもケーブル編みやシンプルなキャップタイプの物などがあり、素材のバリエーションもウール100%の物やアルパカ混の物など非常に多岐に渡っています。

その中で私が愛用しているのは、British Wool Cable Bobcapというブリティッシュウール100%のケーブル編みのボブキャップになります。

また、ハイランド2000のニットアイテムはどれも非常にコストパフォーマンスに優れており、色々な種類のアイテムを買い集める楽しさもあるかと思います。

(実は私のニットキャップも二代目だったりします。笑



私の所有するハイランド2000のケーブルボブキャップのご紹介

基本情報

Model Deta
Brand:HIGHLAND2000
Model:British Wool Cable Bobcap
Color:Navy
Size:One Size

私の所有するハイランド2000のニットキャップは先述の通りブリティッシュウール100%のケーブル編みのボブキャップであるBritish Wool Cable Bobcapというモデルになります。

カラーはデニムとの合わせやすさからネイビーを選んでいますが、ケーブル編みのないシンプルなモデルを別カラーで購入しようかと企み中です。笑

内側にはハイランド2000のタグ英国羊毛公社のラベルが縫い付けられており、所有欲を満たしてくれます。

(タグなどの仕様は製造時期によっても異なり数種類のパターンがあるようです。)

切り抜きなので伝わりにくかと思いますが、被ってみると上の写真のようなイメージとなります。

被ってみると伝統的な手法で作られるためか温かみのある雰囲気があり、着こなしにも柔らかさが加わる印象です。

被り心地は暖かく素晴らしいニットキャップですが、被り心地が深いためか折り返しの位置やキャップの頂点の位置が決まらないとやや不恰好に見えることがあります。

また、これは個人的な見解ですが、ボブキャップは深めの被り心地になるのでストリート系のファッションなどよりも、クラシックなスタイルの方が合うように感じます。

比較的多くのショップでも扱われているので、似合うかどうかの試着もしやすいので見かけたら一度手に取ってみることをおススメします。

最後に

ここまでご紹介してきたようにハイランド2000のニットキャップは、伝統的な手法によって作られる非常に高品質なアイテムです。

そして、様々な商品展開に加えてコストパフォーマンスにも非常に優れたアイテムなので、この寒い冬にワードローブに一つ加えることをおススメしたい一品です!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました