レッドウイングのアイリッシュセッター (REDWING 8875)のレビュー【オロラセットのエイジング】

Redwing


記念すべき初投稿として、私が靴にハマるきっかけになった一足を紹介したいと思います。
それは、レッドウイング 8875こと通称"アイリッシュセッター"です。

定番中の定番であり、街中で見かけることも多い【The work boots】です。

なので、今更...と思われる方もおられるかもしれませんが、改めてこの一足を紹介していきたいと思います。

ワークブーツの王道レッドウイングアイリッシュセッター8875とは?

ワークブーツの王道レッドウイングと代表作のアイリッシュセッターについて

引用;https://www.freaksstore.com/category/2_RED_WING/

レッドウイングは1905年にアメリカミネソタ州レッドウイングで創業した老舗ワークブーツメーカーであり、堅牢なグッドイヤーウェルト製法を用いた本格的なブーツを世界中に供給しています。

このレッドウイングの名前を世間に広めたモデルが、8インチハイトのモックトゥブーツである『877』でした。

http://www.redwingshoe.co.jp/products/collection/detail/?id=49

この877はハンティングブーツとして開発され、トラクショントレッドソールと呼ばれる悪路でも滑らず、足音が立ちにくいソールを採用していたことで高い評価を受けたそうです。

また、採用されていたオロラセットというオイルドレザーが、猟犬アイリッシュセッターの毛色に似た特徴的なエイジングをすることから、次第にその名で呼ばれることとなりました。

靴の脱ぎ履きの多い日本では6インチハイト仕様の875の方が受け入れられ、アイリッシュセッターとして親しまれています。

レッドウイングのアイリッシュセッター“8875とは?

日本でアイリッシュセッターが流行った90年代は、たまたまオロラセットレザーが異常なほど赤い時期でした。

そのため、アイリッシュセッター=赤茶のイメージが日本で定着することとなりました。("RED"WINGなのも影響していそうです。)

その後、REDWING社は色を元の色に戻していきますが、日本では受け入れられず赤茶の875の復刻という形で8875が併売されるようになります。

さらにややこしいことに、現在の875の革は茶系のオロレガシーという名称であり、復刻のはずの8875の赤茶の革がオロラセットという名称になっています。

また、現在では50年代のアイリッシュセッターの復刻として、9875というモデルも併売されています。



私の所有するレッドウイングのアイリッシュセッター(REDWING 8875)紹介

基本情報

Model Deta
Brand:RED WING
Model:Irish Setter 8875
Size:US8.0E
Made in USA
Used:4years

サイズ感について

私自身初めてのグッドイヤーウェルト製法の靴ということで、サイズ選び、履き慣らし共に苦労した思い出があります。

結果としては、ジャストサイズのものが購入できたとは感じていますが、履き始めはくるぶし周りを痛めたり、モカの部分で噛まれたりと大変でした。(笑)

また、幅や捨て寸はよいですがモックトゥという性格上、足の指の上の空間が広く感じます。

インソールなども色々試しましたが、ボールジョイントあたりが苦しいので、こういった性格の靴であると納得しています。

とはいっても、甲のホールド感と自分の足型に馴染んだインソールが相まって、所有する靴の中でも中々な履き心地であると思います。



革質について

ワークブーツということで硬めのオイルドレザーが使用されているように思います。

そして、オイルドレザーではありますがパラブーツのリスレザーなどとは違い、水にはあまり強くなく染みになるときは染みになります。

しかし、そういった染みや傷も魅力に変わるのがこのブーツの特徴なので、あまり気にはなりません。

また、この靴に限ったことではありませんが、近年の使用される革の質が落ちてきていると言われることがあります。

私の所有する8875も比較的新しい『羽タグ』モデルですが、他の靴と比較しても十分肉厚な革が使用されていると思います。

エイジングについて

この靴は一般的なオイルアップだけではなく、紳士靴に用いる乳化性クリーム等も用いています。

そのため、よく見る色が濃くなっていくようなエイジングよりも赤みの強い変化をしているように感じます。

(詳細についてはこちら⇒手入れ①【乳化製クリーム】手入れ②【クリーニングとオイルアップ】)

また、革が乾燥する前には手入れをするようにしているので、

かさつきや傷が目立たず上品なエイジングになっているとも思います。

もちろん、男らしいエイジングも大好物ですが、毎日履いたり乾燥気味するのはアッパーのクラックに繋がりそうで怖いです…。

そのような趣味をおいておいても、やはりこの『オロラセット』というカラーには、不思議な魅力があるように感じます。

そしてエイジングを重ねるごとに、より深みのある色合いになっていきます。

そろそろソール交換の時期ですがこの靴はこれからも履き続け、より魅力的な姿をまたお見せできたらと思います。

最後に

定番中の定番ではありますが、この価格でアメリカ製&グッドイヤーウェルト製法というのは貴重であり、一度は手にすることをお勧めしたい銘品です。

やはりこの靴は、王道のアメカジスタイルが一番似合うと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました